SCENTBOX、リラクゼーション事業を展開する三菱地所子会社にて、AIを用いてProduct/Market Fitを実現するプロダクト開発に向けた実証実験を開始

機械学習等のテクノロジーを活用し新規事業のデジタル化を推進するスタートアップの株式会社SCENTBOX(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大西勇輔、以下SCENTBOX)は、リラクゼーション事業を展開する三菱地所子会社にて、AIを活用しProduct/Market Fitを実現するプロダクト開発に向けた実証実験を開始します。

近年、新規事業やスタートアップにおいて、市場のニーズを満たす製品やサービスがを創り出せるかが最も重要だという「プロダクトマーケットフィット(Product/Market Fit、以下PMF)」の考え方が広がってきています。一方、いかにしてPMFを達成するのか、その具体的なプロセスやアクションはまだ明確になっていません。

そこでSCENTBOXは、事業における顧客の利用データ等の定量データと顧客ヒアリング等の定性データの双方を掛け合せAI(機械学習による数値データ及び自然言語処理)で解析することにより、顧客ニーズの可視化、ターゲット顧客の絞り込み、最適アクションのレコメンドを行い、PMFの実現に向け効果的に事業の仮説検証が行えるSaaSプロダクトの開発を進めております。

今回の実証実験では、リラクゼーション事業を展開する三菱地所子会社にて定性・定量データをAIで解析し仮説検証を繰り返すことでPMFを目指すことにより、プロダクトの機能の有効性を実証してまいります。

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社SCENTBOX 広報担当 
E-mail: info@scentbox.jp

この記事を書いた人

株式会社SCENTBOXは、『データドリブンカンパニーを共創し新しい価値を生み出す』をミッションに掲げ、新規事業支援やデジタルマーケティング支援などデータを基にした事業成長のサポートを行っています。

目次
閉じる