デジタルマーケティングとは?初心者でも大丈夫!基礎から解説

デジタルマーケティングとは?

インターネットの普及によりデジタル化が進み、マーケティング活動の主流となったデジタルマーケティングの概要や、その手法の基礎的なところを解説していきます。

目次

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティング(オンラインマーケティング)とは、インターネットを利用して、潜在的顧客とつながるためのブランドプロモーションのことです。検索エンジン、Eメール、ソーシャルメディア、ウェブサイトや、モバイルアプリだけでなく、テキストメッセージ(SMS)もマーケティングチャネルとして含まれます。

デジタルコミュニケーションを伴うマーケティングキャンペーンであれば、それはデジタルマーケティングと言えるでしょう。

デジタルマーケティングは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器を利用している何百万、何十億というユーザーにリーチできる超強力な手段であります。

デジタルマーケティングの手法・チャネル

Eメールマーケティング

Eメールマーケティングとは、キャンペーンやイベントの紹介などのプロモーションメッセージを送り、見込み、または既存客を自社サイトへ誘導する手段として用いられます。

近年は、マーケティングオートメーション(MA)などの手法を取り入れることで、顧客のニーズに合わせた効果的なメール配信を自動化することができます。

SEO(検索エンジン最適化)

SEO(検索エンジン最適化)とは、Search Engine Optimizationの略で、ウェブサイトのコンテンツ、技術的な設定、リーチを最適化するプロセスで、特定のキーワードで検索エンジンの結果の上位にページが表示されるようにします。人気のあるキーワードやフレーズを使用することで、オンライン検索結果におけるウェブサイトのランクを上げ、オーガニックでの流入を増やすことができます

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ブランド認知度の向上や見込み客の獲得を目的としたコンテンツの制作です。顧客の興味に関連したコンテンツを提供することで、信頼できる情報源としての地位を確立し、顧客とのマッチング率を向上させ、他のマーケティング活動が空回りになる可能性を低くすることができます。

ソーシャルメディアマーケティング(SMM)

ソーシャルメディアマーケティング(SMM)とは、Instagram、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディア(SNS)を利用して、ブランド認知度やサイト流入の向上だけではなく、顧客とのコミュニケーションを図ることができます。

ソーシャルメディアマーケティングは、顧客の積極的な参加を伴うため、注目を集めるための方法として普及しています。

Web広告

Web広告とは、リスティング広告、ディスプレイ広告やアフィリエイト広告などを通して、サイト流入の向上や顧客を獲得する手段となります。クリック単価(CPC)や顧客獲得単価(CPA)など広告毎のパフォーマンスを分析して最適化していくことが重要となります。

デジタルマーケティングにおけるデータ活用

デジタルマーケティングは、オンライン上で実施されることから、一つ一つの実施した施策をデータとして分析し、測定することが可能です。どの属性の人が見込み客になり得るか、どのタイミング・内容で送信したEメールが顧客獲得に繋がったのかなど、データ分析を通して、今後の施策を最適化していくことが重要となります。

まとめ

近年、デジタルマーケティングは、プロモーション活動において強力なツールとなっています。上記で解説したような様々な手法・チャネルを駆使することによって、効果的・効率的なマーケティング活動が可能となります。

今回の記事ででジタルマーケティングの基礎の理解において一助になれば幸いです。弊社はデジタルマーケティングをデータ活用・分析の観点からの支援を得意としておりますので、もし、デジタルマーケティングの設計・運用においてお困りごとがあれば一度ご相談いただければと思います。

>>> SCENTBOXのデジタルマーケティング支援

参考とおすすめ記事

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社SCENTBOXは、『データドリブンカンパニーを共創し新しい価値を生み出す』をミッションに掲げ、新規事業支援やデジタルマーケティング支援などデータを基にした事業成長のサポートを行っています。

目次
閉じる