デジタルマーケティングにおける必須スキルとは?習得すべき5つのスキルを紹介

デジタルマーケティングの世界は、絶えず新しい技術や手法が登場し、常に変化し続けますデジタルマーケティングとは?初心者でも大丈夫!基礎から解説でも紹介しましたが、デジタルマーケティングにおける手法・チャネルはとても多く、それぞれを理解する、使いこなすようになるにはかなりの労力が伴います。最新のツールは何か?流行りのチャネルは何か。特定のキャンペーンに必要なスキルは何か?

移り変わりの早いデジタルマーケティングのトレンドですが、汎用的で必須スキルは常にデジタルマーケティングに関連しています。これらの習得すべき5つのスキルを今回紹介していきます。

目次

デジタルマーケティングにおける必須スキル

データ分析

デジタルマーケティングにおいて、データ分析は、効果的な意思決定を行うために重要です。デジタルマーケティングでは、Webサイトのアクセス数からWeb広告での顧客獲得単価まで、様々なデータを扱うことができます。勘や経験だけに頼るのではなく、データというファクトを利用して、実施したキャンペーン等の効果検証を実施し、ノウハウの共有や今後の改善に活かすことができます。

また、顧客の行動パターンを分析することで、適切なターゲットオーディエンスの選定や、効果的にアプローチするためにどのチャネルを選択すべきかを決定するのに役立ちます。

現在、BIツールなどデータ分析ツールは広く普及しているので、それらのツールを利用することで顧客を理解し、キャンペーンのターゲットを絞り込むなど効果的なマーケティング施策を実施するために必要な情報を得ることが可能です。

ストーリーテリング

オーディエンスとつながりを持つためには、ストーリーを強く語る能力が必要です。この能力は、他のスキルと組み合わせることで、ターゲットとなるオーディエンスとのつながりを深めるのに役立ちます。

ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、Web広告など、どのようなデジタルマーケティング手法であっても、オーディエンスへのメッセージングは重要です。

まずは、ターゲットオーディエンスを知ることが重要です。彼らのニーズやウォンツを理解することで、伝えるべき価値やストーリーを創ることができ、どのようにブランドのストーリーを伝えていくか決めていくことができます。オーディエンス考え方を理解することで、顧客の心に響く、そのブランドらしい情報の伝え方を考えましょう。

上記は、TikTokのマーケティング担当者の求人の抜粋になりますが、 良きストーリーテラーであることが求められていることが分かりますね。

デジタル技術に対する興味

デジタルマーケターとして成功するためには、デジタルに対する強い興味を持つことが不可欠です。常にアンテナを張り、新しく登場したデジタル技術や手法など最新のトレンドを把握することが重要です。

デジタルマーケターとして利用できるあらゆる手段を知っておくことが重要です。具体的には、Webサイトの仕組みや、Web広告の運用方法などです。デジタルマーケティングにおけるあらゆる手段といっても膨大です。すべてをマスターする必要はなく、一般的な戦術やツールなど基本的なことを理解することに努めましょう。それらを理解すれば、クロスファンクションでのプロジェクトでもコミュニケーションが円滑になります。

共感

データ分析中であろうと、コンテンツ制作中であろうと、オーディエンスを知ることは必要です。共感することで、オーディエンスのニーズをよりよく理解することができます。これは、デジタルマーケターとして成功するために非常に重要なことです。視聴者があなたのブランドに共感すればするほど、競合他社よりもあなたを選ぶ可能性が高くなります。

オーディエンス・リサーチを行う際には、彼らの立場に立って考えてみてください。もし自分が、あなたの商品やサービスを探しているとしたら、どのように行動するかを考えてみましょう。顧客の考え方や背景、視点について考えるために、顧客のペルソナを作成することをお勧めします。

また、共感を得るための最良の方法は、顧客の声を拾うことです。顧客が何を求めているのか耳を傾け、その問題に対処しましょう。そうすることで顧客獲得だけでなく、顧客のロイヤリティも構築することができます

リサーチ力

リサーチ力があれば、新たなビジネスチャンスを発見し、課題を特定することもできます。新しいマーケティングキャンペーンの材料の発掘も可能でしょう。

リサーチ力を伸ばすには、好奇心を持ち、たくさん質問することです。質問をすることは、それ自体がひとつの強力なスキルです。練習することで、適切な質問方法を学び、さらに効果的なリサーチを行うことができます。 強力なリサーチスキルがあれば、より効果的なキャンペーンを行うことができるようになります。

まとめ

デジタルマーケティング分野は、コンテンツマーケティングからWeb広告まで幅が広く、その中でそれぞれ専門分野・得意分野を活かしたマーケターとして活躍する人が多いです。今回紹介した上記の5つのスキルをどの分野にも通じるコアなもので、それらを身につけることで、デジタルマーケティング担当者として成功する可能性が高まりますので、参考にしていただけると幸いです。

>>> SCENTBOXのデジタルマーケティング支援

参考とおすすめ記事

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社SCENTBOXは、『データドリブンカンパニーを共創し新しい価値を生み出す』をミッションに掲げ、新規事業支援やデジタルマーケティング支援などデータを基にした事業成長のサポートを行っています。

目次
閉じる